前へ
次へ

マッサージはどこで受けることができるのか

マッサージはフランスで生まれた手技のことで、フランス語ではマサージュ(massage)と言います。語

more

顔のツボを意識してマッサージする

体調不良を改善するためのツボ押し健康法などが知られています。ツボ押しは民間療法と感じている人もいるか

more

マッサージの施術を受けてみよう

暑い時期でもエアコンが効いているので、一年間を通して冷え性で悩んでいる人が少なくありません。手足が冷

more

肌状態を見てからマッサージ

エステティシャンや整体のプロでなくとも、比較的簡単に施すことができるから、女性は1日の疲れを翌日に持ち越さないためにセルフマッサージを行います。しかし、美容法として行うのであれば、注意したいのは肌の状態です。むやみやたらに行えば、肌は傷ついてしまうかもしれません。基本的に、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の女性の場合には、プロに任せるのがいいでしょう。生理中や妊娠中もなるべく避けましょう。また、肌の状態は季節の変わり目に変化が見られることもしばしばあります。例えば、夏の紫外線によって日焼けをした肌は、ヒリヒリと火傷をしているようなものです。冷やすこと、さらに著しく乾燥をしているために、潤いを与えることが大切です。この日焼けをしている夏の肌状態ではマッサージは控えておきましょう。ムリに摩擦を加えて皮がめくれたりすれば、そこから雑菌が入り、炎症などを併発するかもしれません。肌を労る季節でもあります。冬の時期は、美白エステが人気取りしています。透き通るような透明感ある肌は、女性の憧れでしょう。気温もグッと下がるために体温も奪われてしまったり、乾燥肌へ移行する肌状態でもあります。末端からの冷えの懸念もあり、まずは、足の指という末端を摩擦しましょう。保湿剤をしっかり、たっぷり塗り広げることも大切です。血流促進の効果がマッサージから得られるために、冬の時期はおすすめできます。ただし、風邪をひかないように暖かい室内で行うようにしましょう。足や手からはじめましょう。両手を組むようにしたり、足の指の間に手を差し込んで引っ張ったり、痛くない程度の心地よさがポイントです。お尻などは、ゴワつきやすいパーツですから、念入りに下から上に持ち上げるようにマッサージします。冬は夏のリカバリーもできます。皮がめくれてしまった肌も、ターンオーバーによってようやく落ち着きます。ここでポイントになるのは、『皮めくれ』です。肩や背中のみならず、冬には唇も皮がめくれるパーツです。ですから、唇も入念に行いましょう。ただし、唇は乾燥する冬に起こりやすいトラブルですから、指を使うことは避けましょう。保湿効果のあるリップクリームをたっぷり塗り、手を使わずに口角をあげたり、唇をすぼめたり、舌を使ったり、そうして血流を促すことで健やかな唇をキープできます。

東京で英国式スピリチュアルカウンセリングのお届け

出張マッサージ 東京

https://flora.men-este.com/shibuya.html
本格マッサージを渋谷の皆様にご提供しています

Page Top